START
トップに戻ります
教室のシステムをご紹介致します。
堀口ダンスワールドの地図です。
我がダンスワールドの優秀なスタッフをご紹介致します。
堀口史朗のダンスの革命です。
ダンスのワールドニュースです。
お世話になっている教室やグループです。
 
 
ダンステクニック革命 目次
 
はじめに??ダンスの質を高める鍵を探して
 
二軸・常歩ダンスのすすめ
 
第1章 踊るためのカラダを知る
1.踊るカラダの8つのポイント
2.中心軸から中心線へ
3.二軸・常歩感覚とは
4.進行指示線と中心線の関係
5.可動軸の活用
6.バランス??自分のビー侠(重心)を見つける
7.カップルバランスとは
8.良い立ち方とは
9.「真っすぐ」を作るには
10.「浮いたカラダ」感覚をつかむ
11.魔法の杖を手に入れる
12.立てないから踊れる不思議
13.6つのコンタクトポイント
14.5つのポジションを理解する
 
第2章 足の感覚
1.はじまりは中間バランスから
2.サポーティングフットとリーディングフットの役割
3.腿の働き
4.フットワークとは
5.足の裏の役目
 
第3章 股関節の感覚
1.二軸・常歩の活用
2.股関節の重要性を理解する
3.股関節の回旋、屈伸の感覚
4.リードの基盤
5.コントラリー・ボディ・ムーブメント(CBM)とは
6.腰はエンジン
7.ボディライズの感覚
8.速さとは
 
第4章 肩甲骨の感覚
1.肩関節・肩甲骨の働き
2.腕は胸鎖関節から意識する
3.崩れないホールド
4.大きな船を2人でつくる
5.ショルダー・リードからサイド・リーディングへ
6.ターンの仕組み
7.シェイプとスウェイ
 
第5章 表現力アップ
1.顔??3つのテレビ
2.ブランコと魔法のじゅうたん??(スイングイメージ)
3.大きな踊り
4.タンゴは弓を引き放つ感覚で
5.メトロノーム・スイング
6.ストレッチとフィックスポイント
7.カウントと足の強さには矛盾がある
8.送り足で音楽を聴くことが第1目標
9.ステップカウントを捨てて音楽をつかむ
10.タイミンググッドと言われるために
11.フォローを考える
12.男女のコミュニケーションの起点
 
第6章 主観と客観
1.ダンスにおける主観と客観
2.テクニックとは
 
《特腹寄稿》  テクニックと芸術性が両立する常歩は、ダンスに革命を起こす!
小田 伸午(京都大学教授)
解説DVD(84分)
 
二軸・常歩で踊る
1 一軸感覚から二軸・常歩感覚へ
2 踊るカラダのポイントと働き
3 立ち方とカップルバランス
4 一軸ダンスと二軸ダンスの違い
5 二軸を感じるとる方法
<このページのトップへ戻る>